文字サイズ

施設について

施設の特徴・取り組み

当院の取り組み

透析室のご紹介

当院は外来の通院患者様に加え、老人保健施設や高齢者向け住宅に入居中の方、当院入院中の方の透析を行っており、高齢者や認知症の患者様に優しい透析室が特徴です。通院が困難な患者様への無料送迎サービスにも力を入れております。

シャントトラブルや急な入院が必要となった際には、隣接するすずらん病院や連携医療機関にて速やかに治療を受ける事が可能です。

透析治療に関しましては、

  1. 1.「しっかり食べて体力をつける」
  2. 2.「十分な運動で筋力を保つ」
  3. 3.「清浄化した水で十分な透析を行う」

ことが土台と考えています。

更には看護師によるフットケア、専門医による丁寧な診察等、患者様おひとりおひとりへのきめ細やかなケアを通じいつまでもお元気にお年を重ねて頂くことがスタッフ共通の目標です。

イメージ

協力病院 顕修会すずらん病院
連携医療機関 神戸大学医学部附属病院
社会保険神戸中央病院
神戸市立医療センター中央市民病院
バスキュラーアクセス関連 小島外科胃腸科
野島バスキュラーアクセスクリニック

運動

イメージ

フットケア

イメージ

食事

イメージ

物療

イメージ

看護師・ME

イメージ

透析液へのこだわり

血液透析では大量の透析液が必要であり、きれいな透析液が求められます。きれいな透析液を作成する水も最初は水道水であり、鉄やアルミニウムなどの金属、大腸菌以外の一般細菌などが含まれています。また、水道水には残留塩素により、細菌が死滅し発生するエンドトキシンも含まれています。

この様なことから水道水は、飲水として問題はありませんが、血液透析で使用することが出来ません。エンドトキシンが透析液に含まれていると炎症反応を誘発し、様々な合併症の原因となる恐れがあるためです。そのため、血液透析で使用可能なレベルにするため水処理が必要となります。当院では、徹底した水質管理を行い、透析液を超純粋のレベルに維持しています。

こだわり①:RO装置

RO装置は逆浸透水処理装置のことであり、水道水から高純度の水(RO水)をつくり出す装置です。
当院では、DRO-EX(JWS社製)のRO装置を使用しています。

この装置の特徴

  • RO膜に加えてLRO膜があり、二重に濾過される。
  • RO装置内の熱水消毒が可能。(当院では1週間に1回熱水消毒を行っています。)

これにより、水道水から菌やエンドトキシンを含まない水(RO水)をつくり出しています。

こだわり②:熱水クエン酸消毒

当院ではRO装置の熱水消毒だけでなく、多人数用透析液供給装置DAB-E(日機装社製)、透析用監視装置DCG-27、DCG-03、DBG-03(日機装社製)に対しては、次亜塩素酸ナトリウム消毒と併用して、「熱水クエン酸消毒」を採用しています。クエン酸を2%まで希釈し、温度を85℃まで上昇させることにより、消毒作用とたんぱく除去の効果が得られます。さらに、洗浄消毒剤だけでは限界のあるデッドスペースの洗浄が熱水クエン酸消毒では可能となり、高い洗浄効果を得ることができています。

また、クエン酸には炭酸塩の溶解能力の効果があり、現在使用している重炭酸透析液による、配管内の炭酸塩の蓄積にも対応しています。

施設概要

施設の名称 医療法人社団顕修会 顕修会クリニック
施設の所在地 〒651-1114 兵庫県神戸市北区鈴蘭台西町2丁目22番3号
医療機関番号 5002635
病床数等 有床診療所 19床 透析装置 26台+4台
管理者の氏名 院長 門口 啓
電話番号 078-591-6201
FAX番号 078-591-6251
協力病院 顕修会すずらん病院